出会いアプリからラインへ誘導の仕方

出会いアプリからラインへ誘導の仕方

出会いアプリからLINEへ

出会いアプリを使っていると、もっと気軽にやり取りしたくなるし、リアルで会う為にも無料でやり取りできるLINEへ誘導したい考えますよね。

 

優良出会いアプリは課金も必要だし、ポイント制だとやはりポイント消費は気になるところですからね。

 

でも、ラインへの誘導ってどうすれば?

 

ということで、LINEへの誘導の仕方を説明します。

 

 

出会いアプリ内でLINE誘導前にやること

ポイント消費や月ぎめの課金など、気になるから直ぐにでもラインへ誘導したいって考えると思います。

 

でも、あわてる神はもらいが少ない。

 

急いては事をし損ずる

 

です。

 

こころを落ち着けて先に進んでください。

 

@信頼関係が一番であることを留意する

 

あなたは、不安を抱えたままで知らない人と会いたいですか?

  • 騙そうとしているんじゃないか?
  • 嫌なことをされるんじゃないか?
  • 怖い人が出てくるんじゃないか?

 

恐らく色々な不安を抱えると思います。

 

相手の女性だって同じです。

 

だからこと安心を与えるためにも信頼関係を築ける努力をしてください。

 

そのためにはメッセージのやり取りを5通以上することをお勧めします。

 

基本的には相手の話に合わせるのですが、所々で自分は安心できる人であることを織り交ぜた文章を書くようにしてください。

 

 

A誠実な人であることをアピール

 

相手を安心させるには誠実な対応が重要です。
相手とフレンドリーな関係を築きたい為に普段の言葉遣いの文章にしがちになります。

 

そうすると、「なれなれしい人」や「軽率な人」など悪い印象も与えかねません。

 

少なくともライン誘導するまでは丁寧な言葉で文章を書くことを心がけてください。

 


美味しいパンを食べ歩くのが好きなのですが、同じように美味しいもの巡りが好きな人と出会いたくて登録しています。
○○さんはカフェ巡りが好きとのことで、趣味が合うかなとおもいメッセージをしました。

 

相手に丁寧な言葉でメッセージをおくること、相手の趣味を確認しながらしっかり対応することで好感度アップします。

 

 

BLINE誘導をするタイミング

 

ライン誘導までには、最低でも5通以上のメッセージのやり取りをするようにしてください。
かといって、メッセージやり取りが多すぎても誘導しづらくなります。

 

10通くらいまでには信頼関係を築くようなやり取りをしてラインへ誘導するようにしましょう。

 

ライン誘導するのに重要なのは、

 

ラインでやり取りするメリット、アプリでのやり取りのデメリットを伝えることです。

 

 

私のライン誘導時のメッセージの書き方ですが

 

例@
○○さんとポイント消費を気にしないでいっぱいお話ししたいです。
LINEで連絡とることってできますか?

 

 

例A
このアプリ経由だと反応が遅いのでラインでやり取りしたいです。
アプリをなかなか開けず返信が遅くなってしまうのでLINEしませんか?

 

 

などとメッセージを送るようにしています。

 

ポイント消費などというとけち臭いって思われるかもしれませんが、相手が自分の事をすこしでも気になっている状態なら、無理させたくないって気持ちになり受け入れてくれることが多いです。

 

それに相手だって毎回アプリを開きづらいということもあると思うので、ライン誘導についてのメリットとアプリのデメリットを伝えて相手にも言い訳できる状況を作り、誘導するようにしてください。

 

 

ネットで彼女の作り方へ戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ